キングマンションシリーズの阪神住建の挑戦

都市部に人口が集中する未来

少子高齢化が指摘されて久しいです。かつては人々に好まれていたニュータウンは地域に住む人々が減っていることや、そこに住んでいる人たちの高齢化の影響があるのだといわれています。

今後マンションを購入するならこの先も人口が増え続け、活気のある地域を選ぶ必要があるといわれます。これから人口増加が期待される地域はどこなのでしょうか。

2045年に10%以上人口が増えると予想されている地域に、大阪府や兵庫県があげられています。中でも大阪市西区や中央区、神戸市中央区などの都市部の人口が増加していくと考えられているようです。少子高齢化で人口が減っているようですが、企業が多い都市部でマンションを購入すると資産として残していける可能性が高いようです。

ただし、人口増加が期待できる地域は保育園が不足したり駅のキャパシティがオーバーしてしまう可能性が考えられるので、それに対する取り組みを地域が行なっているかどうかをしっかりと判断することが大切ではないでしょうか。

キングマンションの提案

阪神住建は大阪に本社を置く創業30年以上の不動産総合デベロッパーです。大阪はこれから人口増加が期待される地域ですから、阪神住建はより注目を集める企業になるでしょう。

阪神住建の分譲マンション、キングマンションシリーズは都市部に住む人々のことを考えて開発したマンションだそうです。どういった点に特徴があるか見てみましょう。

ひとつは価格帯です。阪神住建は大阪に住む人の一般的な年収でも購入しやすいような価格帯で分譲マンションを販売しているとのことです。

もうひとつは居住性の高さです。資産として残しつつ、高齢者や女性でも安心して長く住めるように最新設備を導入し、内装には非塩ビ系内装素材など体に優しい素材を採用しているようです。

さらに阪神住建は駅から徒歩数分圏内の好立地にマンションを建設しているので、お年寄りでも交通機関を利用して幅広い範囲で移動できるように考えられているようです。

大阪を理想の街へ

今後も人口が増え続ける地域の筆頭はやはり東京23区といわれています。しかし、東京一極化傾向は続いても、大阪にはこれからも人が集まってくると予想されています。

阪神住建はマンション開発で大阪を理想の街にしようと考えています。都市生活は利便性が魅力ですから、そうした地域の個性を活かしたマンション作りができれば地域への貢献につながるでしょう。

阪神住建のキングマンションシリーズは2015年現在、大阪市内に約8,000戸が着工されています。企画から販売、メンテナンスなどをすべて自社プロデュースで行うことで現在のような企業の拡大に繋がったといえるでしょう。

阪神住建は不動産総合デベロッパーとしてこれからも挑戦を続けていくとのことです。

投稿日: