キングマンションで有名な阪神住建の社風

阪神住建とは

阪神住建は分譲マンションのキングマンションで知られている不動産総合デベロッパーといわれています。

阪神住建は「お客様本位」を企業活動の原点とし、利用者が安心して使える安全なサービスや商品の提供を中心に取り組んでいるとのことです。

阪神住建は「真面目」をモットーとしています。社会で活躍する企業は法律や法令を守り、社会全体に信用されているということが理由としてあげられるでしょう。阪神住建は真面目な経営姿勢を通し、努力を重ねているとのことです。

このような行動指針をもっている阪神住建では、社員の個性を生かした企業を目指しているようです。社員一人一人を尊重することが企業の活気につながると考えているとのことです。社員一人一人の活力があふれる企業だといわれているようです。

ところで、実際に阪神住建で働いている社員は社風をどのようなものだと思っているのでしょうか。

社員の特徴とは

阪神住建の社員にはコミュニケーション能力の高い社員が多いと言われています。採用面接の段階からお客様に信頼されるかどうかを見極められ、コミュニケーション能力のある人材が採用されるようです。採用面接にはグループディスカッションも含まれているとのことですので、採用試験を受けようと思う人はしっかりと対策をする必要があるといえるでしょう。

採用試験では面接を重視しているとのことです。宅地建物取引士の資格保有者などを採用する一方で、様々な仕事や課題に対応できるマルチな人柄も求めているようです。

阪神住建の業務内容は用地の買収、 事業計画の立案、企画販売など多数あるようです。資格を有している人でもひとつのことだけにとらわれない考え方を伝えることが採用の際のポイントになるのではないでしょうか。

阪神住建の社風とは

阪神住建の社風はご紹介したような社員の特徴とリンクしているようです。コミュニケーション能力が高くマルチな問題にも対応できる人柄の社員には採用後間もなくでも、積極的に意見を交わすことができる環境が用意されているとのことです。先輩社員たちの前で行うプレゼンなどを経て、若手でも成長できる会社だといわれています。

的を射た提案と意見は迅速に採用され、実行に移されるケースが多いようです。役員と社員の距離が近いから可能なことではないでしょうか。 若手でも提案ができる環境は企業全体の風通しをよくしているようです。

現在、関西でキングマンションの経営で知られている同社は多角経営を行っているようです。「スパワールド 世界の大温泉」 は分譲マンションのイメージから離れた日帰り温泉施設ですが、ブームをとらえて知られるようになった事業といえるでしょう。

企業の風通しのよさが多くの意見や提案を受け入れ、社員をよりマルチな人間への成長をうながしているようです。多角経営ができるのはそうした社風がもたらした結果であるともいえるでしょう。

投稿日: