阪神住建のホワイトホステル心斎橋の魅力

ホステルとは?

ホテルは知っているけれどホステルは利用したことがないという人は少なくないのではないでしょうか。阪神住建が運営しているホステルについて解説していきたいと思います。

まず、ホステルはホテルよりも宿泊費がリーズナブルであるというところが特長の一つといえるでしょう。1名1泊3,000円ほどが平均的な料金とのことなので、一般的なビジネスホテルの宿泊料金よりも安いといえるでしょう。 内部の構造もホテルとは異なり、ドミトリータイプの部屋が中心のようです。ドミトリータイプの部屋は二段ベッドがいくつも並んでいる部屋で、宿泊客はベッド以外のスペースをほかの宿泊客と共有するようです。

プライベートを確保するのは難しいかもしれませんが、バックパッカーや留学生、外国人観光客などと楽しく交流するのに向いているのではないでしょうか。安く長く観光地に滞在したいという人にも適しているといえるでしょう。
阪神住建はホテル事業の一環としてホステルを運営しています。そのホステルについて調べてみました。

ホワイトホステル心斎橋の特徴とは

阪神住建が運営しているホワイトホステル心斎橋は心斎橋駅から徒歩5分の位置にあり、交通に便利な大阪駅や梅田駅にもおよそ7分の距離に位置しているので、新幹線や飛行機を利用する人でも便利な立地といえるでしょう。

阪神住建のホワイトホステル心斎橋では、客室として女性専用のドミトリールームと男女混合のドミトリールームがフロア別に用意されているとのことです。ベッドは全てフランスベッド社製で、防音性も高く、安心して眠れるのではないでしょうか。

プライバシー保護のためのカーテンや防犯カメラ、専用ロッカーなども設置しているとのこと。ホステルですがしっかりと個人の空間を確保して快適な時間を過ごせるでしょう。

こだわりの共用施設

阪神住建は分譲マンションの住居部分の設備にこだわっていることで知られています。その阪神住建がプロデュースするホステルのデザインは、株式会社デザイングラウンド55代表の隈元誠司氏の担当です。フロントやエントランス、キッチンやラウンジ 、ソファー席、ランドリー、シャワールームなどの各種共用施設はとても快適とのことです。

シャワールームにはシャワーと洗面ボウルを多めに設置するなどの工夫がなされているので、混雑時にも対応できるそうです。

阪神住建は高騰する宿泊費問題を解決するためにホステルの運用を開始しました。ホワイトホステル心斎橋には快適に過ごすことができる設備や施設が整っているようです。大阪観光の際には、ホワイトホステル心斎橋を利用してみてはいかがでしょうか。

投稿日: